交通事故、損害賠償請求のご相談なら弁護士 的場崇樹

TEL03-5405-7856
受付 9:30~18:30 土日祝も対応可

交通事故のご相談

※画像をクリックするとページのTOPへ戻ります。

誰もがある日突然交通事故の被害者となり得ます。
警察署の手続き、保険会社とのやり取りなど、今のうちに何をすべきか… 分からないことばかりではないでしょうか。そんな時、まずはお気軽に御連絡ください。
支払われるべき正当な金額は、 交渉のプロである相手方保険会社からの提示金額よりも何倍も高い事もあります。保険会社作成の書面にサインをする前にお気軽にメール・お電話ください。


交通事故発生

事故発生後は、可能な限り現場を保存しておきましょう。
相手との会話の録音、損傷した車輛、携行品の撮影をしておくと無難です。また、この段階で、すぐに弁護士に連絡をすることが出来ればベストです。

相手方の確認

相手方の名前、連絡先、相手方加入の保険の内容を必ず聞きましょう。
警察を通じて聞くと確実です。

警察へ連絡

交通事故後は、必ず警察を呼びましょう。

「警察を呼ばずに、示談で・・・」という話をされても、絶対に応じてはいけません。
このような場合には、保険が使えなくなる可能性もあります。
警察からは、管轄の警察署、事故の場所、事故発生時間、加害者の氏名、住所を必ず聞きましょう。

治療

できる限り事故当日、遅くとも事故から1週間以内に病院に行きましょう。整骨院ではなく、まずは病院に行くことが重要です。
頭を強く打った場合などは整形外科だけでなく、脳神経外科を受診されることも検討しましょう。
なお、必ずレントゲンの撮影を、できればMRI撮影をして頂きましょう。

保険会社へ連絡

病院で診断を受ける直前、または直後に相手方保険会社「人身担当者」に連絡をし、受診した病院、薬局、整骨院等の情報を伝えましょう。

保険会社へ連絡

病院で診断・治療を受けます。

通院

病院、整骨院へ行き一応の診断を受けたら、すぐに弁護士に連絡をしてください。治療方法を誤ると、後遺障害に認定、治療費の支払いを受けられない場合があります。
できる限り早く弁護士に相談することが重要です。

■交通事故への対応マニュアルはこちらから

ご依頼の際は、下の「事故調査票(エクセルデータ)」をダウンロードしてご返送ください。
調査票ダウンロード

↑ PAGE TOP